あいいろ

意思を持って自由に生きていたい。ミニマルライフ、ファッション、健康関連、旅の記録、働き方について書いてます。

ミニマルな私の部屋を公開

 

 

f:id:monburangasuki:20170810204726j:plain

 

 

アイリです。

 

今日は私の今の部屋を公開してみます。

 

 

家具は白で統一していて

スッキリさせています。

 

この写真の後ろにクローゼットがあり冬物のコート、

冬物の羽布団&毛布ヒーター

トランペット、が入ってます。 

 

タンスの中にはオールシーズンの服が入っていますが

6つある引き出しに衣類が入っているのは3段のみ。

 

以前はすべての段にパンパンに洋服が入っていたのですが

今はここまで減らしていて自分でもびっくりです。

 

他のスペースは、友達からもらった手紙やアルバムが入ってたり

(これは形としてどうしても思入れが強く残して置きたいものたち)

仕事関係の書類、などを入れて使っていますが

まあ、がら空き状態です。

 

この家に住んで3ヶ月になりますが

1kの間取りでもスッキリ、綺麗に暮らせていて

とにかく必要な物だけを所有することで

不自由なく暮らせてとても満足しております。

 

 

こうして自分の必要最低限のもで生活して行く中で

色々な良い気づきがありました。

 

今日はそれを書いていきたいと思います。

 

 

掃除が楽チン 

一人暮らしになると

毎日掃除なんて相当な綺麗好きざやなかったら

めんどくさくてしない人が多いように思います。

 

私も極度のめんどくさがりなので

今までは掃除大嫌いだったのですが

今では毎朝出社前に絶対に掃除をしてから家を出るほど

掃除が大好きです。笑

 

その理由は、床に物を置かなくなり 

フローリングでカーペットが無いため

クイックルワイパーで

さっと掃除するだけで済むだけだからです。

 

毎朝掃除するのが楽しくて

清潔に保てるのが気持ちいいんですよ。

 

 

棚とかも物がないので拭くのが簡単。

 

 

掃除はめんどくさいものという概念が

ひっくり返されちゃいました。

 

 

心のザワつきがなく穏やかになる

 

物がないことが精神状態にも影響が及ぶとは

正直思っていませんでした。

 

だけど

物理的なノイズがないと気が散らないし

落ち着いて思考ができるんです。

 

いつも何かに

追われて生きているような人でしたが

周囲からも落ち着いてるね

と言ってもらえることが増えました。

 

 

前は何かしながら、目につくものに興味を奪われ

いきなり掃除を始めたり

雑誌読み始めたり

集中力皆無でした...

 

本を読むのも無理なくらい

落ち着けない部屋だったのが原因です。

 

この誘惑のない部屋がすごく快適です。

 

 

これは大きな収穫でしたね。

 

 

物を探さなくなる

家にあるもの、持っているもの、

今のところきちんと把握できているので

何か探すことがなくなりました。

 

 

「ピアスどこに置いたっけ?」

「リモコンどこだ」

 

みたいなのが一切ありません。

 

統計によると、人は1日10分、一生だとなんと153日分もの時間を探し物に費やしるそう。

 

数字で見るととっても勿体無い気持ちになりますね。

 

物は定位置に戻すという習慣も身につきました。

 

不要なものがないから

きちんと必要なものを見つけることができるんです。

 

 

 

 

物がないのがいいというではない

 

色々なミニマリスト関連のブログを読みますが

物を減らすことが目的になっている方たちもいるんだなという

印象を受けました。

 

 

ものを減らすことが目的になってしまうと

確実に貧乏臭くなってしまう印象があります。

 

そう考えると

必要最低限のものをもつミニマリズムという考え方をする

ミニマリストって結局なんなんだってわからなくなってしまうんですよね。

 

私が愛読してい著書の一つ

ミニマリストの佐々木典士さんの

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」

とういう書籍の中から大変共感し腑に落ちた部分があるので引用しますね。

 

 

 

どこまでモノを減らせばミニマリストだと言って良いのか?定義すればどうしてもそこから漏れていくモノがある。それでもあえて考えてみるなら、ミニマリストとは「本当に自分に必要なモノがわかっている人」「大事なモノのために減らす人」だと、ぼくは考えている。

 

 

そうだ。最初から私が目指しているのはここだった。

と再認識しました。

必要なものに気づき大切にするためにミニマリズムを取り入れているんです。

 

 

断捨離したいなと思っている方は

ぜひ読んでみてほしい一冊です。

必要なものがわかるために

ミニマリズムという考え方はあるのです。

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -